WOMENS PANTS IN WINTER

長い長い雨、そして週末に合わせてくるかのような台風と、洋服屋には厳しい天気が続いておりますが、10月も終わりに近づき、いよいよ寒くなってきました。ウールパンツの季節です。FANTASTICDAYSから2本おススメのウイメンズウールパンツを。

1つは大きなチェックのパンツ。ネイビーをベースにしたクラシカルなチェックのパンツです。柄も大きく、今年らしい素材です。シルエットは太めのテーパードで丈はやや短め。ウエストには控えめのインタックが入っており、アクセントになっています。ウエストの後側のみにゴムが入っています。展示会でもチェック素材は人気があり、特にこのネイビーは多くの方が手に取ってくれました。

TAPERED-74-01 17000円(税別) MODEL 165cm

17W (6)

そしてもう1つはウールジャージーパンツ。FANTASTICDAYSではよく織物に見えるジャージー素材が出てきますが、こちらも同じような織物見えするジャージー素材です。特徴は肌触りが柔らかく、しなやかな風合い。ウールパンツの弱点であるチクチクさはありません。シルエットはワイドですが、極太というわけではないので、比較的多くの方が取り入れやすい太さにしており、スニーカーなどに合わせてもだらしなく見えない裾口巾に仕上げています。ウエストは後側がゴム。リラックス仕様ですが、品のあるパンツです。

MARINE-74-01 18000円(税別) MODEL 165cm

17W (2)

寒いのは嫌ですが、ウールパンツが履けるのは嬉しい。いよいよ冬到来です。

2017AW MENS MOLESKIN PANTS

2017AWメンズパンツの中から男らしい生地のパンツを1つご紹介いたします。

こちらのパンツは丈夫さと品の良さを両立させることにコンセプトをおいたパンツです。この生地を作ってくれたのは、多くのドメスティックデザイナーから強い信頼を集めるテキスタイルプランナーKJさん。今回はFANTASTICDAYS用にこの生地を作ってくれました。この生地をこのように説明しています。

「この生地はフランスのワークウエアでよく見られるヘビーウェイトのモールスキン。泉州産地の特殊な織機で力強く織られた極めて地厚な生地は、縫製が困難なほどタフな質感ですが、着用するたびに徐々に着る人の身体に馴染んでゆき、洗濯を繰り返すことで退色していく様も非常に魅力的です。半世紀前のヴィンテージウエアが証明する通り、時と共に消費されてゆく現代の素材とは一線を画す一生ものの素材です。」

ゴツさの中に品があり、生地は厚いが履いてみると軽くて、硬い生地特有の肌への痛さもない。私としては、まさに丈夫さと品の良さを兼ね備えた大人の綿パンが出来上がったととても嬉しく思っております。

GALLERY-M-73-01 17500円(税抜)

17AW (2)